リベンジ開催決定!10/23(土)TSUPPARI TRAINING SCHOOL 2021〜夏祭り!爆裂豪々夜祭猛祭〜


※当イベントは8/15に開催予定だったイベントですが悪天候の為振替公演となります。

※施設が千葉県と富津市の共同管理の為、企画段階から千葉県職員、富津市職員と念入りな打ち合わせを重ねております。


リベンジ開催!TSUPPARI TRAINING SCHOOL 2021〜夏祭り!爆裂豪々夜祭猛祭〜

会場:富津公園 野外劇場(〒293-0021 千葉県富津市富津2311)

https://www.cue-net.or.jp/kouen/futtsu/annai/stage.html

料金:観覧無料

時間:開場15:00 開演(近日発表)

出演:C-Style

O.A:近日発表

※8/15のリベンジ開催となりますが爆裂女子、めろん畑a gogoの出演はございません。

※会場内では医療従事者向けの緊急支援募金を行い、後日富津市へ寄付させて頂きます。



【新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力を宜しくお願い致します】


①会場内でのマスクの着用

※マスクを変える場合は使用済みのマスクを会場のゴミ箱には入れず各自袋に入れて

 お持ち帰り下さい。

※当日は暑くなる可能性がございます。一時的にマスクを外す場合は近くに人がいないこと 

 を確認し速やかに休憩して下さい。長時間マスクを外す必要がある場合は一度ご退出をお

 願い致します。


②アルコール消毒、検温

※ご自宅を出発する前や日頃からご自身の体調チェックをお願い致します。

※発熱が無くても体調がすぐれない方は外出を控えて下さい。

※37.5度を含むそれ以上の発熱が確認された場合は入場をお断り致します。

※手消毒は会場にもございますが持参をして小まめに消毒して頂くことを推奨致します。


③住所、連絡先の記入


④会場内では会話、声出し、モッシュ、ダイブ、走り回る、隣の方にぶつかるような動きは

 一切禁止とします。

※このような行為が確認された場合はイベントを中断または中止とさせて頂き顧問弁護士

 立ち合いの元、損害賠償請求をさせて頂きます。


⑤観覧エリアは基本的にシーティングとなりますが一部スタンディングエリアもございま

 す。密にならないよう間隔を空けて観覧して下さい。

※スタッフから指示があった場合は速やかに従って下さい。


⑥アルコールの販売、持込みは一切禁止です。スタッフがお持ち込みをされているお飲み

 物の確認をする場合がございます。確認拒否をされた場合、お飲み物のお預かり(廃棄)

 またはご退出頂く場合がございますので予めご了承下さい。



【その他注意事項】

・動画の撮影、録音は禁止とさせて頂きます(静止画のみ可)。


・入場待ち及び、駐車場のご利用は14:00以降と致します。


・一般の方が立入出来ない場所への出入りがあった場合は警察へ通報させて頂きます。


・持込まれたゴミは責任を持ってお持ち帰り下さい。


・会場内は禁煙となります。路上での喫煙もお控え下さい。


・出演者への声掛け、写真撮影やサインの依頼、差し入れや

 プレゼントを渡す行為は一切禁止とさせて頂きます。


・密になるようなお客様同士での記念撮影等もお控え下さい。



【緊急事態宣言中の場合】

・千葉県の要請に従い開催、中止の判断を致します。


【まん延防止等重点措置の場合】

・千葉県の要請に従い開催致します。


【雨天の場合】

・開催が難しい天候や台風などの自然災害の危険がある場合は10/21(木)17:00迄に中止

 の判断をさせて頂きます。場合によっては判断を早めたり遅らせる可能性がございます。

 ご理解とご協力を宜しくお願い致します。


【新型コロナウイルスに関して】

(スタッフ及び出演者)

10/1以降(10/1含む)に陽性と判断されたスタッフ及び出演者は安全面を考えて参加をお断りさせて頂きます。濃厚接触者の場合はPCR検査の結果と接触時の状況を確認し主催者による判断とさせて頂きます。









新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン



令和3年9月1日策定

株式会社 C-PROエンターテイメント

代表取締役 茂木千明



【主催者の各所における対応策】

1、ライブスペース内

・主催者(株式会社C-PROエンターテイメント※以下同様)は公演前に、会場内のドアノブ

 や手すり等不特定多数が触れやすい場所の消毒を行います。なお、消毒液は、当該場所に

 最適なものを使用します。(以下、消毒液に関する記載において同じ。)

・主催者は、関係者及び来場者に対して対人距離をなるべく 1m 確保するよう要請しま

 す。

・主催者は、出演者と観客の間の距離を最低2m確保するように要請します。

・主催者は、スタッフ及び来場者に対して、公演中もマスク(適宜フェイスガード等)の着

 用を要請します。


2、会場入口

・主催者は、会場に手指消毒用の消毒液を設置します。不足が生じないよう定期的な点検を

 行います。

・会場入口の行列では、間隔(できるだけ2mを目安に最低1m確保するよう努める)を

 空けた整列を促す等、人が密集しないよう工夫します。

・来場者にはマスク(適宜フェイスガード等)の着用を要請します。


3、共有スペース

・対面での飲食や会話を回避するよう表示等により促すようにします。

・公演前後及び休憩中に、人が滞留しないよう、段階的な会場入り等の工夫をします。

・常時対人距離を確保(できるだけ 2m を目安に最低 1m 確保するよう努める)させま

 す。

・テーブル、椅子等の物品の消毒を定期的に行います。

・常に手洗いや手指消毒を励行します。


4、楽屋、控室

・常時換気を行います。

・テーブル、椅子等の物品の消毒を定期的に行います。


5、トイレ

・不特定多数が接触する場所は、清掃・消毒を行います。

・トイレに蓋がある場合、蓋を閉めて汚物を流すよう表示します。

・ペーパタオルを設置するか、個人のハンカチ等を使うように徹底。ハンドドライヤーは

 ウイルスを拡散するため使用しないようにします。

・トイレの混雑が予想される場合、間隔(できるだけ2mを目安に最低1m確保するよう努

 める)を空けた整列を促すようにします。


6、物販エリア

・現金の取扱いをできるだけ減らすため、通信販売や、キャッシュレス決済を推奨します。

・飲食物を提供する場合、間隔(できるだけ2mを目安に最低1m確保するよう 努める)

 を開けて座席を配置するように努めます。真正面の配置を避けるか、またはテーブル上の

 区切りのパーテーション(アクリル板等)を設けるなど工夫をします。

・混雑時の入場制限を実施します。

・キッチンカー内の換気を徹底します。

・テーブル、椅子等の消毒を徹底します。

・販売に関わる従業員は、マスクの着用と手指消毒や石鹸・流水による手洗いを徹底し、施設の利用者も手指消毒を行ってから入場するようにします。

・対面で販売を行う場合、アクリル板や透明ビニールカーテン、或いはマスク (適宜フェ

 イスガード等)の着用等により購買者との間を遮蔽するよう努めます。

・物販を行う場合は、多くの者が触れるようなサンプル品・見本品は極力取り扱わないよう

 します。


7、清掃・ゴミの廃棄

・清掃やゴミの廃棄を行う者は、マスクや手袋の着用を徹底します。

・作業を終えた後は、石鹸・流水による手洗いを行います。

・ゴミは全て主催者が持ち帰り、終演後は清掃活動を行います。


8、従事者に関する感染防止策

・イベント実施に必要な最小限度の人数とするなど、ジョブローテーションを工夫します。

・マスク着用、手指消毒や石鹸・流水による手洗いを徹底します。

・衣装等の衣服はこまめに洗濯をします。

・出勤前に自宅等での検温を励行し、発熱がある場合には自宅待機等の対応を行います。

・主催者は、従事者の緊急連絡先や勤務状況を把握します。

・従事者に感染が疑われる場合には、保健所の聞き取りに協力し、必要な情報提供を行いま

 す。


9、周知・広報

・感染予防のため、以下について来場者に対して周知・広報します。

-咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒の徹底

-物理的距離の確保の徹底(できるだけ 2m を目安に最低 1m を確保)

10、保健所との関係

・公演において感染予防対策及び感染の疑いのある者が発生した場合には速やかに連携が図

 れるよう、所轄の保健所との連絡体制を整えます。


11、入場制限

・主催者は、公演の企画にあたって、入場者の密集を制限する方策の導入を検討します。例

 えば、以下のような手段が考えられます。

・来場者が多数(規定の人数内)になる場合は、千葉県において示される対応に基づいて実

 施の可否及び実施する際の方法について慎重に対応を検討します。

・持病のある方については、感染した場合の重症化リスクが高いことから、より慎重な対応

 を検討します。


12、来場者との関係

・公演時に、来場者の 氏名及び緊急連絡先を把握し、名簿の作成に努めます。また、来場

 者に対して、こうした情報が必要に応じて保健所等の公的機関へ提供され得ることを事前

 に周知します。

・来場前の検温の実施の要請のほか、来場を控えてもらうケースを事前に周知するようにし

 ます。

・平熱以上の熱がある方、5日以内に平熱を超える発熱をされた方は来場を控えてもらうよ

 う、事前に周知するようにします。

・新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、過去 14 日以内に

 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該

 在住者との濃厚接触がある場合は来場を控えてもらうよう、事前に周知するようします。

・導入が検討されている接触確認アプリ等を活用する場合、その旨を事前に周知するように

 します。


13、公演関係者との関係

・氏名及び緊急連絡先を把握し、名簿を作成。また、公演関係者に対して、こ

 うした情報が必要に応じて保健所等の公的機関へ提供され得ることを事前に周知します。

・本ガイドライン及びこれを踏まえた現場の対応方針を、全員に周知徹底を図ります。

・楽屋等では、手や口が触れる皿やコップについては、使い捨ての皿やコップを使用しま

 す。

・機材や備品、用具等の取り扱い者を選定し、不特定者の共有を制限します。

・その他、リハーサルや仕込み・撤去等においても十分な感染防止措置を講じるようにしま

 す。


【公演当日の対策】

1、周知・広報

・感染予防のため、来場者に対し以下について周知します。

①咳エチケット、マスク着用

②手洗い・手指の消毒の徹底

③物理的距離の確保の徹底(できるだけ 2m を目安に、最低 1m 確保)

④アルコールの販売、持込みを禁止とする


2、来場者の入場時の対応

・以下の場合には、入場しないよう要請します。

①来場の前に検温を行い、発熱(37.5度以上)がある場合

②咳・咽頭痛などの症状(軽度なものを含む。)がある場合

③新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、過去 14 日以内に 

 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該

 在住者との濃厚接触がある場合

・余裕を持った入場時間を設定し、券種やゾーンごとの時間差での入場、開演時間の前倒し

 等の工夫を行います。

・入待ちは控えるよう呼び掛けます。

・パンフレット・チラシ・アンケート等は極力手渡しによる配布は避けるようにします。


3、来場者の感染防止策

・マスク着用及び定期的な手指消毒を要請します。

・来場人数は原則として従前の50%以下を目安とします。(現段階では自治体が定め

 る人数とする)

・公演中もマスク(適宜フェイスガード等)の着用を要請します。

・公演中の来場者同士の接触は控えていただくよう周知します。

・来場者と接触するような演出(声援を惹起する、来場者をステージに上げる、ハイタッチ

 をする等)を禁止とします。

・場内における会話、大声による発声を控えるよう促します。

・自治体が要請するルールやマナーを遵守できない来場者へは退場を促します。

・密集状態が発生しないように余裕を持った休憩時間を設定します。

・トイレ混雑を避けるため休憩時間を十分にとれる時間配分を行います。


4、公演関係者の感染防止策

・公演の運営に必要な最小限度の人数とします。

・各自検温を行うこととし、発熱がある場合には自宅待機を要請します。

・新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、 過去 14 日以内に

 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該

 在住者との濃厚接触がある場合には自宅待機を要請します。

・従事者の緊急連絡先や勤務状況を把握します。

・表現上困難な場合を除き原則としてマスク(適宜フェイスガード等)着用を求めるととも

 に、出演者間で十分な間隔(できるだけ2mを目安に最低1m確保するよう努める)をと

 るようにします。また、公演前後の手指消毒を徹底します。

・公演関係者に感染が疑われる場合には、保健所の聞き取りに協力し、必要な情報提供を行

 います。


5、公演中に感染が疑われる者が発生した場合の対応策

・感染が疑われる者が公演中に発生した場合、速やかに然るべき方法で隔離を行います。

・対応するスタッフは、マスクや手袋の着用を徹底し、対応前後には手洗い、手指消毒を徹

 底します。

・速やかに、保健所へ連絡し、指示を受けます。


6、来場者の退場時の対応

・退場時は場内アナウンスまたは適宜な方法(主催者のホームページやSNS 等)で、来場

 者に対し、公演後2週間以内に感染が疑われる症状が発生した 場合の対処の仕方(各自

 治体が定める問い合わせ窓口や検査の方法等)を、再度周知します。

・出待ちや面会等は禁止とします。


【公演後の対策】

・感染が疑われる者が出た場合、保健所等の公的機関による聞き取りに協力し、必要な情報

 提供を行います。

・入場者の連絡先を記載した名簿を整理し適切な期間(当面の間 1 ヶ月を目安 に)保存

 します。

・なお、個人情報の保護の観点から、名簿等の保管には十分な対策を講じます。